読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の彼方

20代後半子宮筋腫持ち、稽留流産からの妊活

9w1d 稽留流産宣告後 動物園

2017年1月29日(日)

9w1d

 

稽留流産宣告後から、以前よりもよくお腹に話しかけるようになりました。

もう成長が止まっている。まだ声は聞こえない成長段階。それでも、おなかの中にいる間はせめて少しでも楽しい思い出をつくってあげたかった。

またパパとママのところに帰ってきたくなるような、楽しい思い出を残してあげたかった。

 

だから、前日に旦那さんにお願いして、動物園に連れていってもらいました。

私も旦那さんも動物が好きで、だからきっとこの子も動物が好きだろうと。

 

その日は本当に楽しかった。

休日の動物園。たくさんの家族連れがいました。けれど小さな子を見ても、幸せそうな家族を見ても、大丈夫でした。

だって私たちも家族で来ているから。

私自身も楽しんで、たくさんたくさんお腹に話しかけました。

 

見て回る間、旦那さんは久しぶりにずっと手を繋いでいてくれました。

いつもは隠れていることの多い動物たちも、今日はほとんどが顔を見せてくれていました。

家族で写真を撮って、たくさん笑いました。

帰りにハンバーガーショップに寄って少し遅いお昼を食べて。

 

夜、夕御飯を作っているときに、ふと涙が溢れました。

ずっと家族みんなで一緒にいたかった。

ただそれだけの願いが、どうしてこんなにも遠いんだろう。